「アベノアプリ」にまた不具合…検査陽性者が登録できず

公開日: 更新日:

 厚生労働省のスマホの新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」にまた不具合だ。同省は10日、検査で陽性になった人がアプリに登録しようとしてもできない不具合が起きたため、登録に使用する「処理番号」の発行を11日から停止すると発表した。修正して来週中の再開を目指す。利用者の接触データのスマホへの記録は続けられる。

 通称「アベノアプリ」は、利用者が、感染が確認されたことを登録することで他の利用者に「感染者と接触した可能性」を通知するアプリ。

 厚労省の8日の発表によると、感染が判明したことを登録した人は、なんとたったの3人! 運用が始まった3日から7日まで感染が判明した人は約1100人。登録の不具合がどうのという前に、現時点ではまったく機能していない。「アベノアプリ」も、ただの税金のムダ遣いに終わりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  3. 3

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    GoTo強行もお盆帰省するな 西村担当相“禅問答”の支離滅裂

もっと見る