世界一の高時給も物価は…それでもジュネーブに移住する?

公開日: 更新日:

 世界で時給が最も高い都市はどこでしょう?

 スイスのジュネーブ州は先日、最低時給賃金を引き上げるか否かの住民投票を行い、58%が賛成票を投じた。それにより今月17日から、最低時給賃金が23スイスフラン(約2630円)になることになった。地元メディアは時給としては世界最高額になると報じている。

 それにより、1週間41時間労働で換算すると、年収は約540万円になり、世界最高額の最低年収となる。ちなみに米国では、連邦法が定めている最低時給は7・25ドル(約760円)と意外に安く、英国は8・72ポンド(約1180円)、日本の平均的な最低時給である約900円と比較すると、スイスの最低時給額の高さは仰天の金額といえるかもしれない。

 ただ、給料が高ければ物価も高くなるため、ジュネーブでは卵1ダースが約915円、ガソリン1リットルは約175円と割高だ。

 その上でスイスに引っ越したいと思う方はどれほどいらっしゃるだろうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る