海上を8時間漂い発見された女性は…2年間も行方不明だった

公開日: 更新日:

 9月26日、南米コロンビアの沖合に1人の女性が漂っていた。

 チューブ状の浮輪を体に巻いてプカリプカリ。女性はカーディガンを着て、首にはスカーフを巻き、あおむけで海面に浮いていた。意識があるようには見えなかった。

 女性はアンジェリカ・ガイタンさん(46)。小さな漁船に乗った地元の漁師2人が発見した。船上に引き上げると、低体温症になってはいたが生存を確認。漁師が水を飲ませると正気を取り戻し、涙を流したという。

 病院に搬送されたアンジェリカさんの身元を警察が調査すると、驚くべきことが判明した。2年前までコロンビアの首都ボゴタに家族と住んでいたが、突然蒸発した後、消息が途絶えたままだったのだ。

 娘は母が何者かに誘拐されたか、記憶喪失になったかを案じていたが、一応、生存確認ができて安堵しているという。海上には約8時間漂っていたことが分かっている。過去2年の話は本になる?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  5. 5

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  8. 8

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  9. 9

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る