山本一力
著者のコラム一覧
山本一力作家

1948年、高知県生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、広告制作会社勤務等を経て97年「蒼龍」でオール読物新人賞を受賞。2002年「あかね空」で直木賞を受賞。「損料屋喜八郎始末控え」や「ジョン・マン」などシリーズ作品の他「欅しぐれ」「紅けむり」「千両かんばん」など著書多数。

【お題】コロナ禍の巣ごもり生活で運動をサボる癖がついて

公開日: 更新日:

 水泳池江璃花子選手が白血病を克服し、レースに復帰した。前向きに練習に取り組み、レースで頑張る姿は、コロナ禍で暗いニュースばかりの中、励みになる。

 が、しかし、だ。それが自分のことになるとできるかどうか。50代半ば、健康診断はグレーゾーンがちらほらで、いわゆる生活習慣病が進展するかどうかの瀬戸際。

 コロナ前はジョギングしていたが、コロナの巣ごもり生活でサボリ癖がつき、今もサボったままだ。やらなきゃいけないことはわかっているが、できない。妻にも「太ったでしょ。痩せたら」と嫌味を言われる始末で……。

 そこでだ、ご同輩。

 決意を三日坊主としない秘訣とは?


  ◇  ◇  ◇

 鍵は克己心にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  5. 5

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  6. 6

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  7. 7

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  8. 8

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

もっと見る