密猟者をおびき寄せる“デコイ”は外見も動きも本物ソックリ

公開日: 更新日:

「デコイ」と言えば、鴨狩りなどで獲物をおびき寄せるためのおとりの模型のことだが、米国で密猟者をおびき寄せるための超リアルなデコイが話題になっている。

 米FOXニュース(10月14日付電子版)などによると、密猟者摘発のためにデコイを採用したのはアイダホ州野生動物・魚類管理局(IDFG)。

 写真はIDFGが公式サイトに公表したヘラジカのデコイで、外見はもちろん、動きまで本物ソックリ!

 精巧なデコイは、違法ハンティングが頻発する地域に設置。IDFG職員がそれを監視し、密猟者がデコイに発砲したら即“御用”にする。

 グレッグ・ウーテン局長はデコイについてこう語った。

「デコイは、これまで捕捉できなかった違法行為を抑制するため、極めて需要なツールです。警察が、信号無視が多発する交差点を監視したり、スピードガンで速度違反を摘発するのと似ています」

 デコイに発砲して有罪になった場合、狩猟免許のはく奪、もしくは最大で罰金1000ドル(約10万5000円)、懲役6カ月が科せられる。また最低でもデコイの維持費として50ドル(約5300円)を徴収されるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  5. 5

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  8. 8

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  9. 9

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  10. 10

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

もっと見る