朽ちる「カスピ海の怪物」が話題に…ソ連軍機の悲しい結末

公開日: 更新日:

 まるで座礁した幽霊船のような巨大な飛行機。カスピ海に面したロシアの地方都市デルベントの海岸での光景だ。旧ソ連海軍の1機の巨大輸送機の運命が話題になっている。

 米ニュースサイト「オディッティ・セントラル」(10月16日付)などによると、地元紙などの報道で注目を集めているのは、「MD-160」という旧ソ連海軍の超大型輸送機。西側では「カスピ海の怪物」という異名で知られていた

 機体の長さ73・8メートル、翼幅が44メートルと主翼が著しく短いのが特徴で、レーダーの捕捉を避けるため、地面効果を利用し高度約3メートルという超低空を飛行する「エクラノプラン(地面効果翼機 )」だ。

 1980年代に活躍し、1990年代後半に退役。その後、近くの海軍基地の飛行場に放置され、風雨で老朽化していた。そのMD-160を観光誘致の目玉にできないか、と考えたのがデルベント当局。7月31日に海岸まで牽引され、異名の通り「カスピ海の怪物」となった。8月に一般公開されたが……これが、ほとんど反響がないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  6. 6

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  9. 9

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  10. 10

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

もっと見る