<49>熊本城を築城 名手・加藤清正は土木にも精通していた

公開日: 更新日:

 戦国武将の加藤清正といえば、「日本三名城」に数えられる熊本城を築城したことで知られる。子供の頃から秀吉につかえ、27歳で肥後北半国の大名となった。「賤ケ岳の七本槍」のひとりで、乱暴者の福島正則らと一緒に対立した石田三成暗殺を企てるなど血気にはやるイメージが強い。

 だが実際は官僚としての能力も高く、農業用水路の整備などで手腕を発揮している。領内を流れる川に堰を設けて流れを変え、効率的に田畑に送水するかんがい事業を手掛けた。その面積は3470ヘクタールで、東京ドーム738個分の広さになるという。

 また、用水路を壁で仕切った上で底に穴を開け、川底の流れを速くすることで、阿蘇山の火山灰が堆積するのを防ぐ工夫も施したりしている。

「加藤清正は熊本城を築城する際に、スペアの材料を川の中に沈めていたって逸話が残ってる。この部分の木が腐ってダメになった時は、これと取り換えろって、ちゃんと用意してたっていうからすごい人だよ。天才的だね。城造りがうまいっていうのは、土木に精通していたってことなんだよ。だから治水事業も得意だったんだろう。強い武将は土木が達者。その原型は墨子だ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る