秋冬も要注意…ダニが好む布団やソファ以外の意外な場所

公開日: 更新日:

 ダニといえば6~9月ごろ、というイメージだが、実はこれからの季節もダニと無縁になれるとは限らない。

「最近の住宅は機密性が高く、秋冬でも部屋の温度や湿度があまり変わらない。加湿器を使ったりすると、よりダニが発生しやすくなります」

 こう指摘するアース製薬研究開発本部生物研究課課長の有吉立さんによれば、ダニが一番多いのは寝具類だ。フケやアカなどダニのエサがたくさんあるため。次にカーペットやクッション、布製のソファなど布を使ったものに多い。

 掃除機を熱心にかけていてもダニはいる。

「250ワットの掃除機でカーペットを掃除した場合、どうなるかを弊社で調べたことがあります。吸引中もダニは平気で動き回り、カーペットの内部に逃げていきました。カーペット表面のダニで吸引されたものも、カーペットの繊維にしがみ付いて、40秒近く吸引してようやく、という状況。1分以上、吸引に耐え、カーペットに居続けたダニもいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  6. 6

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  9. 9

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  10. 10

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

もっと見る