使わなきゃソン!「Go To」では高速道路周遊パスも割引に

公開日: 更新日:

Go To トラベル」キャンペーンが盛り上がりを見せているが、全国の高速道路周遊パスが最大35%引きになることはあまり知られていない。

 理由は、一般の旅行会社の取り扱いがなく、限られたサイトでしか購入できないから。手続きが複雑で新たに登録が必要なのも、利用者が広がらない原因だ。

 9月18日、国内で初めて高速道路周遊パスの取り扱いを開始したのは、株式会社ピアトゥーが運営するサイト「STAYNAVI」。同サイトが一般的な旅行予約サイトと決定的に違うのは、ETCカードでの決済に特化していること。設立2年のベンチャー企業であるピアトゥーが参入できたのも、独自のシステムを構築したからだ。

 一般的に「Go To」の対象となるのは、ホテルなどの宿泊施設か、もしくは宿と交通機関がセットになった商品だ。STAYNAVIの場合は宿の予約を済ませてから、初めて高速道路周遊パスの割引が受けられる仕組みになっている。ETCカードの決済システムを取り入れたサイトは他にないため、STAYNAVIからしか高速道路周遊パスの割引は受けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る