通販サイトの「返品OK」はなぜ財布のヒモを緩くさせるのか

公開日: 更新日:

 生鮮食品や生モノでもない限り、今や多くの商品販売で「返品OK」や「返金保証」が全盛を誇っている。しかも、返品送料は事業者負担。万が一、返品ばかりになったら、売り上げも儲けも出ないと心配になる。

 いったい、どんなカラクリがあるのか。

 特に、テレビショッピングやインターネット上の通販サイトでは、「返品OK」が顕著だ。ある通販サイトの運営管理者は、こう話す。

「返品できることは買い手に安心感を与えます。安心して商品を買うので、売り上げが伸びる。返品なしに比べると、2~3割は売り上げが増えます。一方、返品が増えるかといえば、そんなことはありません。返品率は5%にも満たないですね」

 通販では、画像や言葉の表現だけで購入する。自分のイメージと違ったり、効果が実感できないこともあるはずだが、なぜか返品は少ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る