梶山桂さん<3>コロナで会社ピンチ 再び前線に立ち陣頭指揮

公開日: 更新日:

梶山桂さん(76歳・慶応大経済学部卒)#3

 41歳のときに起業した適性検査の専門企業ヒューマンキャピタル研究所。梶山さんは64歳で一線から身を引くことにした。毎日出社するが、口は出さず、リタイア気分の会長職的日々を送ることにした。仕事一筋だった生活もあらためた。

 まず、65歳で囲碁を始めた。二十四世本因坊秀芳の石田芳夫先生に指導を仰いで11年。今は五段の腕前だという。

「囲碁のほかに趣味といえば、コンサートやオペラの鑑賞に出かけること、落語を聴くこと、山登り、スキー、そしてゴルフ。実は10年前に腰を痛め、好きなゴルフも年に4~5回しかいけない年が続きました。しかし、2年前に腕のいい整体師に出会い、1回の施術でウソのように治りました。それ以来、ゴルフは月に2回。このごろはスコアも80台が出ます」

 奥さんとは、日本ユニバック(現・日本ユニシス)を退社した直後の失業時代に知り合い結婚。ふたりの娘さんに恵まれ、孫もひとり。誕生会など家族で集まる機会も多く、にぎやかな楽しい日々を送っている。資産運用も信頼のおける優秀なFP(ファイナンシャルプランナー)に任せ、万全だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」