「ゆかり」は今年で発売50年 アメリカでの意外な愛され方

公開日: 更新日:

 赤ジソを使ったふりかけ生産量日本一、といえば三島食品の「ゆかり」。三島食品を知らない人はいても、ゆかりを知らない人はほぼいないだろう。

 このゆかりが今年、発売50年を迎えた。当初はなかなか売れなかったというが、いまや海外でも「Furikake」としてじわじわファン層を広げている。

「海外輸出は1988年からです。ハワイや米本土では『Furikake』という言葉がそのまま通じるんです。ただし、ご飯のお供ではなく、調味料としてですね」(三島食品広報担当の新宅智彦さん)

 ハワイでは、ポキ(Poke)にかける調味料として人気に。マグロなどの魚を角切りにし、油、醤油、タマネギのみじん切りなどのタレに漬け込んだハワイの郷土料理で、仕上げにゆかりをパラパラと振りかける。

「アメリカでは赤ジソの黒っぽい色が虫のように思われ、敬遠される節があったのですが、日本食ブームに乗って『Furikake』として浸透しました。ホットドッグやポップコーンなどにゆかりをかけて食べるそうですよ」(新宅さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る