日本はまだ「GoTo」推進するの? 英仏の失敗例に学ぶべし

公開日: 更新日:

 12日、ついに全国の新型コロナウイルス感染者が過去最高を更新したというのに政府の対応はいかにもぬるい。

 日本医師会の中川俊男会長は11日、「第3波と考えてもよいのではないか」と指摘。しかし、加藤官房長官は12日、「(第3波について)政府は具体的な定義を定めているわけではない」と述べるのみ。自民党の二階幹事長に至っては、12日収録のテレビ番組で、「Go To トラベル」を来年5月のGWまで延長すべきだと発言している。

 欧州一コロナによる死者が多いイギリスで先月30日、興味深い調査結果が発表された。英ウォーリック大によると、外食産業を支援する政府の事業「Eat Out Help Out(外食して支援しよう)」が、コロナの感染拡大に影響を与えたというのだ。このキャンペーンは、特定の曜日に外食をすれば、最大50%の飲食代を政府が負担する制度で、今年8月に実施された。日本の「Go To イート」に似た取り組みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  7. 7

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  8. 8

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る