大岡玲
著者のコラム一覧
大岡玲作家

1958年生まれ、東京外大卒。「黄昏のストーム・シーディング」で三島由紀夫賞。「表層生活」で芥川賞。小説執筆の他に書評、美術評論、ワインエッセーなど幅広い分野で活躍。「本に訊け!」「男の読書術」「新編 ワインという物語 聖書、神話、文学をワインでよむ」などの著作がある。東京経済大教授。

【職人かたぎ】優勢の“保守”に突きつけたい「頑固気質」

公開日: 更新日:

「職人わざ」とか「職人かたぎ」といった言葉を耳にすると、この言い回しが持つ「手堅さ」とか「隙のなさ」、「実用的な美しさ」、さらには「頑固」といった、自分とは縁遠いイメージに憧れの感情がこみあげてくる。

「ベロ出しチョンマ」など多くの童話を残した児童文…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    スガ政権、東京はコロナウイルス実験のシャーレではない

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    GoTo後手後手見直し 菅政権「責任丸投げ」に知事カンカン

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

もっと見る