子どものコロナ抗体に特化し全国初の調査 なぜ実現できた

公開日: 更新日:

 日本の子どもたちが、新たな新型コロナウイルス研究のヒントになるかもしれない。横浜市立大と東京慈恵会医科大の共同チームは18日、新型コロナにかかった子どもの血液を調べて、抗体の研究を始めると明かした。国内では、10歳未満の子どもが新型コロナに感染しても、重症化したり死亡した例がない。大人とは違う免疫機能を持っている可能性があるとして、16歳未満の子どもが調査の対象となった。

 子どもの抗体に特化した研究は、全国初の取り組みだ。なぜ、実現したのだろうか? 研究に携わる慈恵医大助教の飯島正紀氏(小児科)はこう話す。

「この調査には、コロナに感染した子どもの血液データが不可欠です。しかし、子どもは感染しても軽症で済むため、調査に必要な血液を持っている病院自体が少ないのが現状です。ですが慈恵医大は、コロナにかかった妊婦や親子入院を受け入れていたので、データとなる血液が蓄積されていました。さらに、調査に必要な資金は横浜市大が確保してくれたので、共同研究として実現できたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る