コロナ対策科学度ランキング 日本は「下から8番目」の衝撃

公開日: 更新日:

 どの国の政府が科学に基づいた新型コロナウイルス対策をしているのか――。英エコノミスト誌の電子版が興味深いランキングを紹介している。

 これはスイスの科学ジャーナル出版社「フロンティア」が今年5月から6月に行った調査で、自国の立法府議員が新型コロナ対策を国民に通知するにあたり、科学的なアドバイスを用いたと思うかを約2万5000人の科学者に尋ねた結果だ。

 全24カ国中、科学者が政策立案者に満足している度合いのトップは、いち早くコロナ封じ込めに成功したニュージーランドだった。適切なリーダーシップを発揮したアーダーン首相は先月の総選挙でも圧勝し、続投を決めた。

 2位は中国で、3位はアルゼンチン。当初、アルゼンチンは厳格な外出規制でコロナを抑え込んでいたが、経済活動の制限を緩和して以降、検査数の少なさも問題になって感染拡大が深刻化している。今の日本とよく似た状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  8. 8

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る