小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの重症者が24日、過去最多の345人に達し、感染再拡大の引き金となった「Go To トラベル」がようやく見直しだ。医療体制が逼迫しつつある北海道の鈴木知事や大阪府の吉村知事らの要請を受ける形で、菅政権は札幌市と大阪市を目的地とする新規予約の一時停止を決定。来月15日まで実施される。

 一方、「国の施策だ」と政府に運用責任を押し付けてきた東京都の小池知事はひとり相撲の末、泥縄状態だ。

 24日の小池劇場はドタバタだった。新型コロナ担当の西村経済再生相、菅首相と相次いで会談したが、こだわっていた「国の判断によるGo To トラベルの一時停止」の言質は引き出せず、スゴスゴと退散。「国のさまざまな情報の詳細が十分伝わっていない部分もあったので、菅首相とも確認させていただいた」と口ぶりは強気だったが、トラベル事業を管轄する赤羽国交相に「どちらの判断かという不毛なことではない」とチクリとやられるカッコ悪いオマケまでついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る