萩原賢一さん<2>胃がんは乗り越えたが今度は妻が倒れた

公開日: 更新日:

 60歳で萩原さんは定年を迎えた。

「定年になると、夫婦で国内旅行に出かけるようになりました。もともと2人とも旅行が好きで、結婚当初はよく旅行に出かけていました。ただ、義母から『旅行ばかり行ってると、家も買えないわよ』と諭され、年に1度、家族旅行に出かける程度になっていました。定年後、旅行熱が再燃したのです」

 慰安の日々を1年間続け、2人の子どものうち、下の娘の出産で地元の宮崎病院を訪ねると、15歳のときに就職を世話してくれた宮崎院長から「そうか、もう定年か。だったら、うちで運営している介護老人保健施設『みどうの杜』を手伝ってくれないか」と誘われた。送迎の運転手兼建物管理の雑用係だった。

「週に3日通い、70歳まで働きました。施設には認知症の方、脳出血で倒れた方、私よりも若い方など、さまざまな方が利用していました。息子が見舞いに来ても『あなた、誰?』と、その母親が尋ねている場面などに遭遇するたびに、いたたまれない気持ちになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る