ヒロミやロンブーも…安くて遊べる“カスタム軽トラ”が人気

公開日: 更新日:

 人口減や若者の車離れなどで減少傾向にある国内の自動車販売台数。軽自動車の販売台数(乗用車・貨物車)も2014年の約227万台をピークに、2020年は約171万台と前年に比べて20万台ほども減少している(全国軽自動車協会連合会調べ)。

 そんななか、30、40代を中心に軽トラックをカスタムしてアウトドアなど趣味的に利用する人が増えつつあるという。荷台に組み立てて自転車などが積めるスチール製キャリアーや、キャンプの際に屋根代わりになる簡易テントといったパーツを用途に応じて装着できる。従来の軽トラのイメージを覆す見た目の格好よさも人気の秘訣だ。軽トラのカスタム用パーツ「ハードカーゴ」製造販売エフクラス(兵庫県)代表の田中宏之介さんに話を聞いた。

■コロナ禍でアウトドアブームも追い風

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る