菅政権がコロナ禍に打ち出す「病床削減」で補助金支給の愚

公開日: 更新日:

 コロナ禍で病床不足が深刻化しているにもかかわらず、病床を削減すれば補助金を支給する――。菅首相は緊急事態宣言が最初に発令された東京都と埼玉、千葉、神奈川3県の知事と官邸で会談した際、コロナ感染者用の病床確保に向けて「医療機関への働きかけをしてほしい」などと言っていたが、実際は真逆のことを政府が率先して進めていたわけだ。

 元東京都衛生局職員で、医事ジャーナリストの志村岳氏がこう言う。

「病院がコロナ患者を受け入れにくい一因として、受け入れ患者を増やすほど赤字になる懸念があるからです。3月期の決算も近く、少しでも赤字額を増やさないために病床削減して補助金を得ようと考える医療機関が出てきても不思議ではありません」

 緊急事態なのだから、病床削減したら補助金を支給する政策はいったん休止し、その予算を、コロナ患者を受け入れた医療機関に支給する仕組みに切り替えたほうが良いのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  3. 3

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  9. 9

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る