2021年の資金計画 貯金を「貯蓄」と「使うため」に分ける

公開日: 更新日:

 貯蓄上手は、「貯蓄のための預金」と「使うための預金」の2種類の預金を使い分けている。年末年始など支出が気になる時期でも動じることはない。お金の使い方が上手なのだ。

 東京都在住の会社員、関本宏典氏(45)は、お金の使い方に自信を持っている。交際の質を重視し、対象を選ぶ。取捨選択し、必要だと思った交際にはお金を使う。

「普段から、勉強会やランチミーティングなど、円滑な人間関係を築くために、積極的にお金を使っています。それが仕事につながり、モチベーションの向上にも結びつくからです」(関本氏)

 交際費は小遣いと、必要な場合は「使うための預金」を取り崩して賄っている。

 お金を生かす使い方をしているのは、家族も同様だ。妻の佐智子さん(40)もお金の使い方がうまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  4. 4

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  5. 5

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  6. 6

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  7. 7

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  8. 8

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

  9. 9

    コロナ死1万人増の最悪シナリオ 逃避変異に感染研が警鐘

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る