染谷昌利
著者のコラム一覧
染谷昌利副業アドバイザー

1975年生まれ。株式会社MASH代表。12年間の会社員生活を経て、独立。「ブログ飯」などの人気ブログやサロンを運営。サロンは月額6000円で約80人。近著に「副業力」(日本実業出版社)など。

高額情報商材は時代とともに変化 “真贋”の見分けが困難に

公開日: 更新日:

 最近の副業ブームに乗じて、副業詐欺・在宅ワーク詐欺がクローズアップされているが、実は長年にわたり消費者庁や国民生活センターは悪質な「情報商材」について注意喚起をおこなっている。

 情報商材とは、主にインターネット通販を活用して、副業や投資、ギャンブルなどで高額収入を得るためのノウハウと称して販売されている商品だ。商品といってもPDF形式などの電子媒体やDVDなどの映像媒体、塾のような講座形式のものまである。金額も数千円から数十万円もするものまでさまざまだ。

 昔の情報商材は見分けがつきやすかった。なぜなら情報商材を取り扱ういかにもなプラットフォームで販売されることが多かったからだ。しかし現在は、巧妙に情報商材とわからないような形で販売されていることも多い。

 PDF形式で提供されていた情報は、記事単体で販売することが可能なnoteで販売されるようになった。高額な塾は、月額課金型(サブスクリプション)のオンラインサロンへ。低価格の電子書籍や、無料で視聴できるYouTubeを使って見込み客を集め、メールマガジンやLINEに登録させ、高額の商材を販売するパターンもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  8. 8

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    静岡放送社長の勘違い…女子アナとのW不倫疑惑で開き直り

もっと見る