髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

鼻出しマスク受験生失格騒動 法的には議論が分かれる問題

公開日: 更新日:

 先週行われた大学入学共通テスト。そこで49歳の受験生が、試験監督者からマスクから鼻を出さないよう繰り返し注意された問題が大きなニュースになりました。別室での受験の指示などを受けていたにもかかわらず、すべて無視。それが「不正行為」とみなされて、成績無効とされたとのことです。さらにその受験生は、会場のトイレに立てこもり続けたため、不退去罪で現行犯逮捕されました。トイレ立てこもりは当然犯罪ですから同情の余地は乏しいでしょう。また同室の他の受験生からすれば、集中力がそがれたり、会場移動をしなければならなくなったわけですから、たまったものではないだろうなと思います。

 しかし、そもそもの問題として、「試験場内では常にマスクを正しく着用してください」(受験上の注意)という規定には問題はないのでしょうか。文言上は、マスクから鼻を出すことが良いとも悪いとも書いていません。「メガネが曇るのでマスクをしなかった」という事情があって鼻を出していたことのみをもって、マスクを「正しく着用」していないということになるのでしょうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る