ほっこり!運河に落ちた“子鹿のぬいぐるみ”の一大救出作戦

公開日: 更新日:

 凍った運河に誤って投げ込まれた子鹿のぬいぐるみ。まだ氷が薄くて、取りに行けない。いったん諦めかけたが……。

 カナダのオタワに住むブレンダ・デュークさん(35)は1月14日、3人の息子、セバスチャン君(6)、ニコ君(4)、サンチャゴ君(2)と一緒に、リドー運河沿いを散歩していた。

 ニコ君は子鹿のぬいぐるみに「ルドルフ(サンタのトナカイの名前)」と名づけて大切にしていた。ところがこの日、何かの弾みでサンチャゴ君がルドルフを掴み、運河の中に投げ込んでしまった。サンタのルドルフは空を飛べるが、ぬいぐるみは……。

 幸い運河は凍結していてルドルフは氷の上。しかし、残念ながら人が乗れるほど氷は厚くなっていなかった。ルドルフの近くには距離を示す「2.2キロ」という標識があり、場所は間違えようがなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る