自宅風呂の楽しみ方 週6銭湯だったラジカル鈴木さんに聞く

公開日: 更新日:

 ちょっと熱めの湯に、広い浴槽。銭湯での入浴は、リラックス効果が格別だが、巣ごもり生活の今、銭湯通いを控える人も珍しくない。銭湯好きとして知られるイラストレーター・ラジカル鈴木さんも、そのひとりだ。コロナ前は週6で銭湯に繰り出していた達人も、自宅風呂を工夫して楽しんでいる。自宅風呂の楽しみ方を聞いた。

■「43度、富士山ポスターで銭湯気分に浸る」

「銭湯も自宅風呂も、体の汚れをよく落としてから、湯船に入ってしっかりと温まるのが基本。小学生の子供とクイズを出し合ったり、ゲームをしたりしながら入っていると、時間を忘れていつの間にかぽかぽかしてきます。自宅では、手足を伸ばすのは難しくても、ゆっくりと20分くらい湯船に漬かれば、血行やリンパの流れが良くなり、疲れは取れます」

 コロナ前は、子供との入浴を終えると、ひとりで銭湯へ。1日2度風呂ができなくなり、自宅風呂を工夫するようになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る