PM2.5「コロナの感染を拡大させる」京大教授らが研究発表

公開日: 更新日:

 大気汚染を引き起こす微小粒子状物質「PM2・5」が新型コロナの感染を促進し、重症化しやすくする――そんな実験結果を京都大の高野裕久教授(環境医学)らのチームが3日付の米科学誌「エンバイロメンタル・リサーチ」電子版に発表した。

【写真】この記事の関連写真を見る(21枚)

 チームは国内の空気中から微粒子を収集し、液体に溶かしてマウスの肺に投与した。1日後、肺の細胞表面にあるタンパク質を調べると、ウイルスの細胞侵入を助ける2種類のタンパク質が増えていることが分かった。 新型コロナは細胞表面にこの2種類のタンパク質が多いほど感染しやすくなり、重症化リスクが高まるとされる。

 また、大気汚染とコロナの死亡率上昇の関連については、PM2・5による大気汚染が深刻なエリアで、コロナの重症者や死者が多いとの調査結果が報告されている。

 大気汚染を改善させることが、コロナの感染防止につながるということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る