三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2020年、文化功労者顕彰を受ける。

失策続き…もはや誰も政府のいうことを信じなくなっている

公開日: 更新日:

 政府の発表には説得力も信頼性も失われた。もはや誰も信じなくなっていると言っていいだろう。菅政権は「ちゃんと仕事をしている」と思わせたいがために、情報を操作しているのではないかと勘繰りたくなるが、随所にボロが出ている。

 たとえば、やっと輸入した新型コロナのワクチンは、注射器が合わずに1瓶から打てる回数が変わるというが、なぜ、厚労省はわからなかったのか? 一般企業の社運をかけた事業であれば、こんな確認ミスをした役員や担当者はクビだろう。

 オリンピックにしても、政府の国際社会に対する体面を保つために、血税から出た莫大なお金をつぎ込み、無理やり進めているとしか思えない。国民全員にワクチンが行き渡るのがいつになるかもわからない中で、開催の前提となるコロナの感染拡大防止が図れるとは思えないし、外国の選手や賓客を招いての大会などできるわけがないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る