児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

コロナ禍で増える整形美人「シミは鼻糞つけてるのと同じ」

公開日: 更新日:

 数年前、韓国人女性から顔のシミを指摘され「シミをつけて歩くのは、鼻クソをつけて歩くのと同じだ」と言われたことがある。ショックを受けた私は一念発起して皮膚科に通い、シミを除去した。それぐらい韓国人は美意識が高い。

 韓国・ソウルの高級住宅街・江南(カンナム)は美容整形の街でもある。多くの美容整形病院が立ち並ぶエリアは“整形通り”と呼ばれ、外国人観光客も“整形ツアー”で訪れていた。まだ中国との関係が良好だった頃は、日本人より中国人の整形ツアー客のほうがはるかに多かった。

 私がよく利用していたビジネスホテルも中国からの整形ツアー客を受け入れていた。ホテルのフロントにはパジャマ姿で顔に包帯を巻いた中国人たちがウヨウヨいて、まるで病院のロビーだった。中には大掛かりな手術をしたのか、包帯から血がにじみ出ている人もいて、その異様な光景は今でも忘れられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る