【つくねピザタン】ピザとグラタン いいとこ取りメニュー

公開日: 更新日:

上荻一丁目酒場(東京・荻窪)

 メニューの最後にある“タン”は、牛タンのタンではなくグラタンのタン。常連客の「ピザを食べたい」という声と「グラタンが欲しい」というリクエストに応えて考案されたメニューだ。

「最初はソーセージを入れたりいろいろと試したんですが、最終的につくねに落ち着きました。スーパーで手に入ると思いますが、なければ鶏団子で代用してください。生の鶏団子は、最初にフライパンなどで中まで火を通します。焼かれてあるつくねの場合は表面を焼き、香ばしさをプラスします」

 卵を崩しながら、つくねとチーズを絡めて食べ進める。甘酸っぱいケチャップの風味も効いていて……このジャンクなうまさはあとを引く。ビールとの相性も抜群にいい。

「店では、八海山で知られる八海醸造のクラフトビール『ライディーン』も置いています。その『IPA』とも、よく合うメニューですね」

 ビールの個性の強さに負けないツマミだ。

《材料》
・つくね(鶏団子)
・卵
・玉ネギ
・とろけるチーズ
・ケチャップ
・黒コショウ

《作り方》
(1)フライパンでつくねの表面に焼き色をつける
(2)耐熱皿にスライスした玉ネギを敷き、その上に①を並べ、真ん中に生卵を落とす
(3)②の上にとろけるチーズをのせ、ケチャップと黒コショウをかける
(4)オーブントースターで6~7分焼く

▽齋藤歩(さいとう・あゆむ)
 1987年、新潟県生まれ。不動産会社のサラリーマンを経て、5年前の28歳の時に夢だった店をオープン。「料理は好きじゃない」と言いながら、時間があれば他店を回り、手間やコストをかけずに作れるうまいツマミを研究している。人見知りだが気さくな人柄で飲み仲間も多い。愛称は「あぶ」。

▽上荻一丁目酒場(かみおぎいっちょうめさかば)
 2016年にオープンした立ち飲み居酒屋。1000円程度で楽しめる“センベロ”の代表格で、地元の常連客を中心に賑わう。ホワイトボードには100~300円台のメニューがずらり。「こういうものを食べたい」という客のリクエストに応え、試行錯誤の末に定番となったメニューも少なくない。テーブルの上に置かれた割り材を自分で入れるポン酢サワーも人気。

杉並区上荻1―11―4
℡090・9327・6899

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る