【鶏レバーの甘辛煮】下茹で2分、煮込み2分

公開日: 更新日:

 ポイントは火入れの時間だ。

 入れすぎると食感がモサモサになり、臭みも気になる。家庭でレバーを料理する際、失敗の原因はほとんどがこれだという。

 理想はレバーの中心がほんのりピンク色になるように仕上げること。

 身の大きさ、厚さによって調整は必要だが、今回のレシピを目安にすれば、まず失敗はない。

「2つ目のポイントは、しっかり冷ましてから食べること。寝かせることで、レバーにしっかり味が入る。冷蔵庫で保存すれば1週間は日持ちします。多めにつくっておいたら、重宝しますよ」

 味の染みたレバーを口に入れ、熱燗をちびり。

 ん~、最高です。

《材料》
・鶏レバー 500グラム

※調味料
・濃い口しょうゆ 50㏄
・薄口しょうゆ 50㏄
・みりん 100㏄
・酒 100㏄
・砂糖 70グラム

《作り方》
(1)水洗いした鶏レバーを沸騰したお湯で約2分下茹でし、再度、流水で洗う
(2)みりん、酒を鍋で火にかけて煮切り、各しょうゆと砂糖を加える
(3)水気を切った①を鍋に加え、弱火で2~3分煮る
(4)冷ました③を容器に移し、一晩寝かして味を入れたら完成

▼五味誠治(ごみ・せいじ)
 1980年、香川県生まれ。18歳から料理の道に入り、大阪・北新地の高級寿司店で9年間、腕を磨いた。その後、新大阪、西麻布の和食店で研さんを積み、その腕を見込まれ汐華の料理長に。

▼牛肉割烹 汐華(ぎゅうにくかっぽう ゆうか)
 兵庫県で牛肉の卸問屋を営むオーナーの中尾直哉氏が2017年11月にオープン。目利きのプロが厳選した新鮮な牛肉、希少部位をさまざまな調理法で提供する。
「ブランド牛にこだわらず、その日その日の最上のお肉を、それぞれの部位に合った調理法でおいしく召し上がっていただきたい。それも、リーズナブルに。問屋だからこそ、できることだと自負しています」(中尾さん)

中央区銀座8―5―10 金成ビル4階
℡03・6264・5718

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る