【マスカルポーネおかか】和の食材に合うクリームチーズ

公開日: 更新日:

上荻一丁目酒場(東京・荻窪)

 マスカルポーネチーズは、ティラミスの材料としても知られるイタリア生まれのクリームチーズだ。そのままパンに塗って食べてもうまいし、果物との相性もいい。上品な甘味とコクがあるのにクセがないため、どんな食材とも合うのだ。

 とはいえ、おかか醤油というのは、ちょっと斬新である。

「最近は、いぶりがっこにクリームチーズを和えたツマミを出す店もありますよね。クリームチーズは和の食材と合うんですよ。ポイントは、おかかをた~っぷりかけること。僕からするとこのツマミは、おかか風味のチーズを食べるのではなく、おかかをチーズにつけて食べるイメージなんです。こんもりと山盛りにして食べてください」

 作り方は、これ以上ないぐらい簡単。材料もコンビニで揃う。この手軽さこそが、ダンツマだろう。

 醤油には、だし醤油を使ってもいいが、めんつゆはNG。「甘さが邪魔をする」という。

 合わせる酒は赤ワイン。飲み口が軽やかなライトボディーか、重厚で飲み応えがあるフルボディーかは選ばない。

《材料》
・マスカルポーネチーズ
・おかか
・醤油

《作り方》
(1)マスカルポーネチーズの上に、おかかをドバッとふりかけ、最後に醤油を垂らす

▽齋藤歩(さいとう・あゆむ)
 1987年、新潟県生まれ。不動産会社のサラリーマンを経て、5年前の28歳の時に夢だった店をオープン。「料理は好きじゃない」と言いながら、時間があれば他店を回り、手間やコストをかけずに作れるうまいツマミを研究している。人見知りだが気さくな人柄で飲み仲間も多い。愛称は「あぶ」。

▽上荻一丁目酒場(かみおぎいっちょうめさかば)
 2016年にオープンした立ち飲み居酒屋。1000円程度で楽しめる“センベロ”の代表格で、地元の常連客を中心に賑わう。ホワイトボードには100~300円台のメニューがずらり。「こういうものを食べたい」という客のリクエストに応え、試行錯誤の末に定番となったメニューも少なくない。テーブルの上に置かれた割り材を自分で入れるポン酢サワーも人気。

杉並区上荻1―11―4
℡090・9327・6899

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る