【ピーマンサラダ】もちもちとシャキシャキ

公開日: 更新日:

上荻一丁目酒場(東京・荻窪)

 店を訪れた客のほとんどが頼む名物メニューだ。立ち飲みのスタイルに合わせて、箸を使わずに片手でつまんで食べられる。これで1つ150円。スターターとしては理想的なツマミだ。

 具材のポテサラに使うジャガイモは、福島県の奥会津に住む祖父母から送られてくる。品種はその時々で替わるが、味は一級品だ。

「今は自分たちと近所の人や親戚が食べる分しか作ってませんが、米や野菜のほかに味噌も手造りしていて、みんなおいしいんです」

 ポテサラの具はシンプルにイモのみ。タマネギやニンジンなど余計なものは入れない。

「その方がもちもち感が際立ち、生のピーマンのシャキシャキ感との“マリアージュ”を楽しめると思います」

 マヨネーズでサンドするから、味付けもほとんどしないのがコツだ。

 最後にかける黒コショウは気持ち多めにふる。その方が味のアウトラインが明確になり、面白い。

《材料》
・ピーマン
・ジャガイモ
・マヨネーズ
・黒コショウ

《作り方》
(1)ポテトサラダを作る。ジャガイモを茹でて、竹串が通るぐらいの軟らかさになったらボウルに取り、マヨネーズをほんの少しだけ混ぜて潰す
(2)ピーマンのヘタの部分を切り落とし、マヨネーズ、ポテトサラダの順に詰め、最後にマヨネーズでフタをして黒コショウをふる

▽齋藤歩(さいとう・あゆむ)
 1987年、新潟県生まれ。不動産会社のサラリーマンを経て、5年前の28歳の時に夢だった店をオープン。「料理は好きじゃない」と言いながら、時間があれば他店を回り、手間やコストをかけずに作れるうまいツマミを研究している。人見知りだが気さくな人柄で飲み仲間も多い。愛称は「あぶ」。

▽上荻一丁目酒場(かみおぎいっちょうめさかば)
 2016年にオープンした立ち飲み居酒屋。1000円程度で楽しめる“センベロ”の代表格で、地元の常連客を中心に賑わう。ホワイトボードには100~300円台のメニューがずらり。「こういうものを食べたい」という客のリクエストに応え、試行錯誤の末に定番となったメニューも少なくない。テーブルの上に置かれた割り材を自分で入れるポン酢サワーも人気。

杉並区上荻1―11―4
℡090・9327・6899

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  9. 9

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る