髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

本人が知らぬ間に養子縁組ができてしまう怖い現実

公開日: 更新日:

 今度は、自分があずかり知らないところで養子縁組が行われていた……しかも養子の借金を支払えという督促状がいきなり届いた……。こんな「まさか」の事件が起きていたことが報道されました。

 以前、当コラムで、裁判手続きを悪用してラウンジ経営者の預金を差し押さえ、134万円をこっそり引き出していたという福岡県の事件を紹介しましたが、今度も同一犯人による続編です。

 報道によると、その男は、被害者となった軽度の認知症のある80代の女性に近づき、女性の自宅に入り込むほど仲良くなった上で女性の印鑑を預かり、戸籍なども調べた上で勝手に養子縁組届を役所に提出し、養子となっていたとのことです。その後、姿をくらませた男の狙いは、養親を連帯保証人とすることで融資の審査を通りやすくし、お金を借りること。

 そして、最終的に返済をせず、その支払い義務を養親とされた女性にすべて押し付けようとしたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

もっと見る