髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

ギャンブルで生計を立て多重債務のYouTuberは破産もできず

公開日: 更新日:

 ユーチューブの持つ社会的な影響力は日に日に増しているように思います。テレビは見ないでユーチューブ動画を見る若者が増え、さらに年末年始の特番などを見ると、いたるところにユーチューバーが出演しているという逆輸入状態にもなっています。子供たちのなりたい職業としてもユーチューバーは常連です。

 年始に、あるユーチューバーに関する記事が話題になりました。

 ポーカーなどのギャンブルで生計を立て、そのポーカーの状況やぜいたくな私生活をユーチューブにアップして50万人を超える登録者数を有するカリスマギャンブルユーチューバーが、実は高金利での多重債務に陥っているということがネット記事などにより明らかになりました。当の本人も自身のユーチューブで多重債務の存在を認めています。

 多重債務で首が回らないのであれば、自己破産をしてリセットすればいいのではというコメントも寄せられていましたが、一般市民とは異なり、ギャンブラーが多重債務を抱えてしまった場合、必ずしもそう簡単に自己破産で処理できるわけではありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る