1時間泣き叫ぶ自閉症児をなだめた親切な英国男性の正体は

公開日: 更新日:

 危機に直面した際に示す勇猛果敢さばかりが“英雄的な行為”ではない。穏やかで無私な共感の結果であることもある──英国で、ある男性が自閉症の男の子に示した共感あふれる行為が注目を集めている。

 英東部エセックスのサウスエンド・オン・シーに住むナタリー・フェルナンドさんは先日、海岸の散歩道を、自閉症の息子ルディー君(5)と一緒に散策していた。

 ルディー君は散歩のとき、曲がったり、後戻りをすることに極度の不快を感じる。メルトダウン(突発性かんしゃく)を起こして泣き叫び、ナタリーさんを叩くなど暴力的になるという。

 いつもはそうした事態にならないように、緩くカーブを描くように歩いて元の場所に戻るのだが、その日はある事情によって後戻りしなければならなかった。

 ルディー君はメルトダウンを起こし、凄まじい声で泣き始めた。大抵は少し経てば収まるのだが、その日は違った。メルトダウンは1時間以上も続き、散歩道を行き交う人たちから冷たい視線を浴びせられた。ベビーカーの赤ちゃんがルディー君のありさまに目を覚まして泣き出すと、両親からひどい非難の言葉を浴びせられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ