超レア!赤ちゃんクジラを育てる“イルカママ”がNZで話題に

公開日: 更新日:

 母親を失った動物の赤ちゃんを別の動物のメスが育てる--時々見られる現象だが、ここまでサイズが違う組み合わせは珍しいと話題だ。

 ニュージーランド北島の湾「ベイ・オブ・アイランズ」でバンドウイルカのメスがゴンドウクジラの赤ちゃんを育てていることが分かった。

 この“親子”は3月6日と4月12日に確認されていて、少なくとも5週間は行動を共にしているという。

 イルカとクジラの“親子”を発見したのは、ニュージーランドに拠点を置く「ファーアウト海洋研究共同体」の海洋生物学者たち。

 バンドウイルカは最大で体重300キロにしかならないのに対し、ゴンドウクジラはその約7倍の体重2トン、体長6メートルにまで成長する。イルカが他の種類のイルカの子育てをすることはたまにあるが、ここまで体の大きさが違うケースは極めてまれだという。

 なぜ、この母イルカは、すでに自分より大きなクジラの赤ちゃんを育てているのか?

 生物学者のヨッヘン・ゼーシマーさんは「イルカは自分の子供を亡くしたのかもしれない」と推測。行き場を失った母性本能が、母親を亡くしたクジラの赤ちゃんに向かった可能性があるという。

 何が原因であるにせよ、クジラが離乳期を過ぎたらこの“親子”は離れ離れになるだろうと、専門家たちは予測している。イルカとクジラでは、食料の捕獲パターンが違いすぎるからだそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?