ミシガン州の男性が購入した住宅の基礎がボウリングの球だったワケ

公開日: 更新日:

 2年前に購入した住宅の基礎はボウリングのボールだった!

 妻と3人の子どもがいるデビッド・オルソンさん(33)は2年前、米ミシガン州マスキーゴンの一戸建て住宅を購入した。

 売買契約を結ぶ前の検査で、住宅に付いている短いコンクリート製の階段を「撤去したほうがいい」という指摘を受けていた。

 業者には頼まず、DIYで階段を撤去しようと、デビッドさんは7月1日、ハンマーで階段を叩き壊してみたところ、なんとコンクリートブロックで作られた階段の中は空洞で土と古いボウリングのボールが詰まっていた(写真1)。

〈ひょっとしたら?〉と考え、あちこち掘ってみると、ポーチや中庭の下などからザクザクとボウリングボールが出てきた! その数はこれまでのところなんと160個。どうも家屋全体の基礎にボウリングボールが使われているようだった。

 そこでデビッドさんは、フェイスブックに「ザ・ボウリング・ボール・ガイ」というグループを立ち上げ、写真と事情を投稿。情報を求めた。

 その結果、いくつかのことが判明した。

 ボールは「ブランズウィック・ボウリング・プロダクツ」社のもので1950年代に作られたものだった。

 デビッドさんの家の近くに1906~2006年の間、同社のボール製作所があった。住宅の所有者はデビッドさんが2人目。家を建てた男性がずっと住んでいた。男性は2016年に亡くなっていた。

 男性は機械工場を経営していて、ブランズウィック・ボウリング・プロダクツと取引があったようだ。

 デビッドさんは、男性が家を建てる際に、廃棄するボールを大量に入手し、〈それを家の基礎工事に使ったのではないか〉と推測している。

「家の下からボウリングのボールがザクザク」というこの奇妙は話は、人びとの好奇心と妄想を刺激したようで、急拡散。さまざまな推測や提案が寄せられた。

 デビッドさんは今のところ、掘り出したボウリングのボールを庭の装飾に使っていて、最終的にどうするかは決めていない、

 写真2はデビッドさんと、ボウリングボウルが置かれた庭で遊ぶ息子さんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった