小池都知事が“西村ドーカツ発言”の言い出しっぺ? まさかの女帝「黒幕説」

公開日: 更新日:

「同調」の次は「同情」だ。補助金が欲しければ休業要請に応じない飲食店に酒を卸すな――。6月11日付の各都道府県への政府通知が大炎上すると、菅政権は慌てて撤回。給付申請する酒販業者に誓約書を出させていた東京都なども、露骨な“踏み絵”と化していた申請書の「取引停止」要件を削除した。

 問題は小池都知事の反応だ。16日の定例会見で幹事社の朝日新聞記者に「宣誓させることの何が問題だったと考えているのか」「度重なる政府の要請撤回についての受け止め」を聞かれたことは全く報じられていない。

 小池知事は聞かれてもいないのに、コロナ対策リーダー登録や協力金「先渡し」などをアピール。さらに夜の収入減を補うため早朝から弁当を出す飲食店の逸話紹介に延々と時間を浪費し、この間、実に約6分20秒。最後に「長くなりました」とわびたものの、質問には結局、何ひとつ答えずシレッとした態度だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

もっと見る