米国で“空港のピアニスト”に…投げ銭が7万ドルも!そのワケは

公開日: 更新日:

 ある病身のピアニストの物語が話題になっている。

 米国の著述家で、20万人以上のインスタフォロワーを持つ“インフルエンサー”のカーロス・ホイットテーカーさんは7月21日、ジョージア州にあるハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港のレストランで、自宅があるテネシー州ナッシュビルに向かう便を待っていた。

 そのレストランでは初老の男性ピアニストが演奏をしていた。人びとは演奏には無関心で、ピアノに置かれた投げ銭入れはほぼ空だったが、カーロスさんは腰を落ち着けてイイ感じに“スウィング”する男性の演奏に耳を傾けた。

 カーロスさんは演奏にひと区切りついたところで投げ銭を入れ、男性と会話を交わした。

 男性はトニー・バレンタインさん(66)。腎臓病で毎日9時間の人工透析を受けながら、週16時間、空港でピアノを弾く仕事をしているという。

 カーロスさんはトニーさんの演奏を動画撮影してインスタグラムにアップ。トニーさんを紹介し、投げ銭アプリにトニーさんへの投げ銭を入金するように呼びかけた。

 カーロスさんのフォロワーらはトニーさんの演奏に次々と投げ銭を入金し始めた。そしてわずか30分で、なんと1万ドル(約110万円)が集まった。

 カーロスさんはナッシュビル行きの便に乗る前にトニーさんに1万ドルの投げ銭が集まったことを明かした。何も知らなかったトニーさんはもちろんビックリ仰天だ。

「みんなが1万ドルの投げ銭をくれたよ」

「みんなって?」

「1万7000人の人びとがあなたの演奏が素晴らしいと言ってるんだ」

「冗談だよね?」

 驚きのあまり感謝の言葉も出ないトニーさんを残して、カーロスさんはその場を立ち去った。カーロスさんのインスタによると、投げ銭は最終的に7万ドル(約770万円)に達した。

 トニーさんは投げ銭のほとんどを寄付する予定だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

  2. 2
    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

  3. 3
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  4. 4
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 5
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

もっと見る

  1. 6
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

  4. 9
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  5. 10
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた