悪評ふんぷん「アベノマスク」の深すぎる闇…検品に税金ジャブジャブ「不良品15%」の意味不明

公開日: 更新日:

 使い物にならない不良品に多額の保管料と検品料……。国民の税金を何だと思っているのか。

 岸田文雄首相は21日の参院本会議で、安倍政権時代に新型コロナウイルス対策として配布された布マスク「アベノマスク」が大量に在庫となっている問題に触れ、厚労省の検品で「約15%が不良品だった」と明らかにした。

 立憲民主党の杉尾秀哉議員に対する答弁で、岸田首相はさらに、厚労省や納入事業者の検品費用などとして新たに計20億9200万円を要したと説明した。

 総事業費500億円を投じた「アベノマスク」をめぐっては、今年3月時点で約115億円分のマスクが倉庫に保管されていたことが判明。保管料として年間約9億円かかることが問題視されている。政府は介護施設や保育所などへ配布を始め、在庫を減らそうとしてはいるものの、なかなか進んでいない状況だ。

「不自然なカネの流れはないのか」

 それにしても、国の調達事業で、それも「医療・衛生品」のマスクに1割を超える不良品が見つかったとは驚きではないか。さらに言えば、検品は通常、納品業者側が行うものだろう。なぜ、国側が税金を使って検品するのかも分からない。

 福田赳夫元首相の秘書を務めた中原義正氏もこう言う。

「不良品の保管や検品費用として、国がなぜ多額の税金を投じる必要があるのか。不良品なのだから、本来は納品業者に損害賠償を請求するのが筋だろう。まるで、盗人に追い銭のような話ではないか。『アベノマスク』の問題は、マスク自体が使えないということ以上に、誰が、いつ、どのように判断して受注業者を決めたのか。不自然なカネの流れはないのかを精査する必要がある。まだまだ何か隠されていることがあるのではないか」

「アベノマスクの闇」は深い。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま