2022年も居酒屋は“受難の年”…客足戻らぬまま協力金カットで「倒産ラッシュ」の可能性

公開日: 更新日:

 2021年(1~12月)の「居酒屋」の倒産件数は、152件(前年比12.6%減)と、2020年(174件)に次いで、過去30年間で2番目の多さだったことがわかった。東京商工リサーチが集計した。新型コロナの影響をモロに受けた形だ。

 その一方、コロナ禍の“巣ごもり需要”の恩恵を受けて、「持ち帰り飲食サービス業」の倒産は16件(同38.4%減)、「宅配飲食サービス業」も23件(同37.8%減)と、過去10年間で最少を記録した。

 居酒屋は2021年、「緊急事態宣言」が度々発令され、「時短営業」を強いられた。2022年も、年明けからオミクロン株の感染が拡大し、沖縄、広島、山口に「まん延防止等重点措置」が適用されている。2022年も居酒屋には受難の年になるのか。外食ジャーナリストの中村芳平氏はこう言う。

「この2年間、倒産した居酒屋もありますが、時短営業の協力金を受け取り“バブル”となった店も結構あります。時短営業に協力すると1日に最高6万円ももらえますからね。1カ月に25日営業だとすると、何もしなくても月に150万円の収入となる。居酒屋が正念場を迎えるのは、むしろ新型コロナの感染が落ち着いた後です。この2年間で国民の生活スタイルは大きく変わってしまった。新型コロナが収束しても、以前のようにサラリーマンで居酒屋が満員になることはないでしょう。居酒屋業界が恐れているのは、客数はコロナ禍以前に戻らないのに、“緊急事態宣言”や“まん延防止等重点措置”は発令されず、国からの支援がなくなる状況です。2022年は、そうした年になる可能性が高いと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”