結婚相談所も頭を抱える…年収200万~300万円で結婚できる男性の特徴は?

公開日: 更新日:

 結婚相談所では「高収入」が大きな強みとなる。入会金や月会費、成婚料がサイトやアプリに比べて高いからだ。しかし、会員の1~2%程度は年収200万から300万円台だという。『ドキュメント「婚活」サバイバル』(青春出版社)の著者で、婚活アドバイザーの植草美幸氏に聞いた。

 2020年の会社員の平均年収は433万円。それ以下の収入のケースでは、貯金をはたいたり、親が負担して入会することが多いという。とくに男性はかなり厳しいが、どんな人がうまくいくのか。

 相談に来た年収200万円台の30代派遣社員の男性は、幾度ものお見合いを経て現在包容力のある40代女性と真剣交際をしている。

「その男性は男の人の大きな声が苦手で精神的苦痛を感じるため、女性の多い職場にいます。しかも、他人とコミュニケーションを取ることも苦手なので、スタッフが短期間で入れ替わる派遣社員の道を選んでいます。将来的にも、安定したり高収入を得られる見込みは薄いと言えます。彼は、節約しながら月会費を捻出して結婚相談所に通っています。自身の性格を熟知し、彼は条件を『やさしく引っ張ってくれる女性』の一点に絞って、年齢や容姿にこだわらずにお見合いを続けました。彼のように謙虚で穏やかなタイプが最近は人気で、『年収は低くていいから、一緒にいて癒される男性がいい』とリクエストする女性は少なくありません。意外とすんなり決まることがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍