大ヒット傘「シャイニーアンブレラ」にみるバズりの法則 メーカーに“仕掛け”を聞いた

公開日: 更新日:

 2020年6月の発売開始後から、1万本売り上げたらヒットといわれる傘市場で驚異の25万本を売り上げたのが「シャイニーアンブレラ」。光の当たり方によって、さまざまな色を放つホログラムを用いたビニール傘だ。

 10~20代の若者を中心にSNSで拡散しまくり、今やファッションアイテムとしても存在感を示している。バズりの仕組みはどのようにつくられたのか? 株式会社ワールドパーティーの広報・中村友香さんに話を聞いた。

■一工夫でチープさを払拭

「ホログラム素材を用いた傘は、市場にもともとありましたが、ファッションアイテムとして使えるようなデザイン性の高いものは、まだありませんでした。傘は使い捨てのものがあったり、置き忘れてもまた買えばいいというようなアイテムでしたが、逆に『雨の日だけでなく、晴れの日も楽しめるファッションアイテム』という従来の傘にプラスの付加価値をつけた作り方と見せ方を考えていきました」

 また持ち手にトレンドのバンブーハンドルを用いたり、タグをシャイニー加工するなど一工夫を加えることで、ビニール傘のチープなイメージの払拭を図ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか