西剛志
著者のコラム一覧
西剛志脳科学者

脳科学者(工学博士)、分子生物学者。T&Rセルフイメージデザイン代表。LCA教育研究所顧問。東京工業大学大学院生命情報専攻修了。2002年に博士号を取得後、知的財産研究所に入所。2003年に特許庁に入庁。大学院非常勤講師を兼任しながら、遺伝子や脳内物質など最先端の仕事を手掛ける。著作に「なぜ、あなたの思っていることはなかなか相手に伝わらないのか?」(アスコム)などがある。

血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

公開日: 更新日:

 食事を取るとき、多くの人がカロリーを気にするが、GI値が高いか否かも気にしたほうがいい。GI値が高いと血糖値が上がりやすくなり、糖尿病などのリスクが高まる。そして、当連載で西さんが伝えてきたように、「脳のパフォーマンスを鈍らせてしまう」。急激に血糖値が上がると、眠気やだるさに襲われ、脳のパフォーマンスは低下するのだ。

「カツ丼は、カロリーの視点で見ると“高い”食事になりますが、GI食の視点で見ると“低い”食事です。衣があって油で揚げる、さらにタンパク質が豊富な卵で閉じている。こうした要素が重なることで、消化を緩やかにし、血糖値を上げづらくします」

 GI食は、食事に新しい視座をもたらす。西さんは「低GI食は脳の“サビ止め”と解釈していただいて構いません」と断言する。

「血糖値が急に上がると、糖がタンパク質と結合する“糖化”という現象が起こります」

 糖化は、老化物質(エイジス)を生成するといい、細胞の老化を促進させる。

「その結果、血管年齢が老けてしまい、認知症につながりやすくなるともいわれています。高血糖になればなるほど血管はボロボロになりますから、低GI食を摂取することは、糖化予防にもなる。まさしく、サビ止め効果というわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景