「100円のiPhoneケースってどうなの?」よく聞かれるので試しに使ってみると…

公開日: 更新日:

 お客さんによく聞かれるのですが、「100円のiPhoneケースってどうなの?」って。

 ご存じのようにスマホケースはピンキリで、高いものは1万円以上するものもあります。ファッション性にこだわったり、お気に入りのブランドがあったり。

 そんな人がいる一方、特にこだわりがないし、安い方がいいという方も相当数いるようです。

 また、少し前から始まっているキャリアーのサービスも影響しています。本体購入時、代金を分割払いにして2年後に機種を返却すると残債を払わなくてもいいといったやつですね。

 2年後に返却するのが分かっているのなら、そんなに高いケースを付ける必要はありません。機種変更をすれば、今までのケースは使えなくなる可能性が高いので、安いのでいいとなるわけです。

 そこで100円ショップのスマホケースの出番です。ケースは消耗品。黄ばんだり汚れたりもするので、気軽に交換したいですから。

 で、先ほどの話に戻りましょう。正直、「どうなの」って聞かれても答えられないので、試しに私も使ってみることにしました。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  3. 3

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  4. 4

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

  5. 5

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  1. 6

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際

  4. 9

    兵庫・維新系パワハラ県知事の「犠牲者」はもう1人いる! 別の職員の自殺「隠蔽」の疑い

  5. 10

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白