米モンタナ州のクロスカントリー大会で女子生徒が示した「真のスポーツマンシップ」

公開日: 更新日:

 昨年9月、米モンタナ州セントイグナチウスの山中で開催されたジュニアハイスクール(日本の小6~中2に相当)のクロスカントリー競走の大会。そこでの美談が最近になって明らかになり、その女子生徒が先日、表彰された。

 表彰されたのは、ハートビュート・ジュニアハイスクールのブリンリー・タットシーさん。

 レース中、他校の女子選手が呼吸困難になって動けなくなっているのに気がつき、すぐに走るのをやめ、彼女に吸入器を渡して助けを求めた。

 2~3分でその選手の具合が良くなったので競走に復帰し、ゴール。当然、タイムがいつもよりかなり遅かったが、ブリンリーさんは事情を説明せずに黙っていた。

 しかし、この一部始終を目撃していた人がいた。

 親切な女子選手のゼッケンを記憶しており、最近になってそれがブリンリーさんであることを突き止めたという。

 そして匿名で「ブリンリーさんは真のスポーツマンシップと無私無欲と思いやりを示しました」と学校に報告。さらに自ら特別な盾を制作し、「ブリンリーさんに授与してほしい」と学校に寄贈したのだ。

 これを受け、学校側は5月20日、全生徒の前でブリンリーさんを表彰した。

 写真(同校のフェイスブックから)はそのひとコマだ。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方