3D女性器で逮捕? 「世界のSEXアート」こんなにスゴい

公開日: 更新日:

 都内に住む漫画家の女性(42)が自分の陰部の3Dデータを頒布し、わいせつ電磁的記録頒布容疑で逮捕された事件には驚いた。写真でも動画でもなく、ましてや立体模型でもない。ただの数字の羅列で捕まったことに「厳しすぎる!」と同情の声も上がっている。なにしろ海外にはもっと過激なセックスアートを公開している芸術家がごまんといるのだ。

「3Dデータどころか、女性の性器を石膏でかたどり、ギャラリーの壁一面に展示する人もいます」とはジャーナリストの神村雪雄氏だ。

「ジェイミー・マッカートニーという英国人で、世界20カ国の18歳以上の女性400人の性器を集めたのです。彼は自身のHPにその制作過程も公開しています。米国では3Dプリンターで作った数十本のペニスを壁に飾った学生が話題になりました」

 今年5月、パリのオルセー美術館でルクセンブルクの女性芸術家デボラ・デロバティスが見せたパフォーマンスも圧巻だった。女性器を描いたクールベの「世界の起源」の前に座り、ノーパンで大股開きを披露したのだ。劇場の係員が制止する光景も撮影され、デボラが美人なこともあって話題になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  3. 3

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 7

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  9. 8

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  10. 9

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  11. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る