46歳記者が参戦 「出会い系アプリ」午後2時のガチンコ度

公開日: 更新日:

「出会い系アプリ」と聞くと、“サクラ”による悪質な詐欺サイトへの誘導をイメージしがちだが、実は最近、中年族も安心な健全なアプリが続々登場しているという。
 メールアドレスや電話番号などの個人情報も入力不要だし完全無料、IDが乗っ取られる恐れもないとくれば、試さない手はない。

 ウワサのアプリは、「友達作りTalk」(アンドロイド/iOS)。アプリを起動してニックネーム、性別、年齢、地域の選択と自己紹介文を書き込むだけで準備OK。年代と地域で絞って相手の女性を検索すると、アプリにアクセスした日時順に女性の一覧が表示される。気になる女性がいたら、「友達申請」のメッセージを送り、承認されればチャットできる仕組みだ。

 有閑マダム好きの記者(46歳・既婚)も早速、真っ昼間に「30代初~30代後半」「東京都」で検索してみた。すると、<専業主婦でヒマヒマです、誰か話し相手になって~><シングルマザーです。男女既婚独身問わず、ユル~くお話できるといいなあ>なんて、思わせぶりな自己紹介文が出るわ出るわ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る