交際相手の生活費欲しさに殺人…“節約不倫”を専門家が指南

公開日:  更新日:

「不倫相手の女性に子どもが生まれ、生活費を工面する必要があった」

 埼玉県朝霞市の元タクシー運転手、寺尾俊治さん(58)殺害事件で逮捕された、県警巡査部長の中野翔太容疑者(31)はそんな内容の供述をしているという。

 婿養子だった中野容疑者は、不倫を告白するわけにもいかず、ニッチもサッチもいかなくなって、金目当てで寺尾さん宅に侵入、揚げ句に殺害……と、救いがたい不良警官だが、確かに不倫はお金がかかる。子どもうんぬんは別次元の話として、タダで不倫は至難のワザだ。

 が、お金を極力かけないノウハウはある。「東京家族ラボ」主宰で作家の池内ひろ美氏がこう言う

「相手選びも重要で、最もお金がかかる不倫相手は、バーなどの“アウェー”で知り合った一回り以上年下の女性。相手はアナタの懐具合も知らないし、当然『大人が払うべき』と思っています。アナタの財力などの個人情報をある程度理解している“身内”から選んだ方が、無理な要求をされない。それほど見えも張らずに済みます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る