• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

交際相手の生活費欲しさに殺人…“節約不倫”を専門家が指南

「不倫相手の女性に子どもが生まれ、生活費を工面する必要があった」

 埼玉県朝霞市の元タクシー運転手、寺尾俊治さん(58)殺害事件で逮捕された、県警巡査部長の中野翔太容疑者(31)はそんな内容の供述をしているという。

 婿養子だった中野容疑者は、不倫を告白するわけにもいかず、ニッチもサッチもいかなくなって、金目当てで寺尾さん宅に侵入、揚げ句に殺害……と、救いがたい不良警官だが、確かに不倫はお金がかかる。子どもうんぬんは別次元の話として、タダで不倫は至難のワザだ。

 が、お金を極力かけないノウハウはある。「東京家族ラボ」主宰で作家の池内ひろ美氏がこう言う

「相手選びも重要で、最もお金がかかる不倫相手は、バーなどの“アウェー”で知り合った一回り以上年下の女性。相手はアナタの懐具合も知らないし、当然『大人が払うべき』と思っています。アナタの財力などの個人情報をある程度理解している“身内”から選んだ方が、無理な要求をされない。それほど見えも張らずに済みます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る