• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

交際相手の生活費欲しさに殺人…“節約不倫”を専門家が指南

「不倫相手の女性に子どもが生まれ、生活費を工面する必要があった」

 埼玉県朝霞市の元タクシー運転手、寺尾俊治さん(58)殺害事件で逮捕された、県警巡査部長の中野翔太容疑者(31)はそんな内容の供述をしているという。

 婿養子だった中野容疑者は、不倫を告白するわけにもいかず、ニッチもサッチもいかなくなって、金目当てで寺尾さん宅に侵入、揚げ句に殺害……と、救いがたい不良警官だが、確かに不倫はお金がかかる。子どもうんぬんは別次元の話として、タダで不倫は至難のワザだ。

 が、お金を極力かけないノウハウはある。「東京家族ラボ」主宰で作家の池内ひろ美氏がこう言う

「相手選びも重要で、最もお金がかかる不倫相手は、バーなどの“アウェー”で知り合った一回り以上年下の女性。相手はアナタの懐具合も知らないし、当然『大人が払うべき』と思っています。アナタの財力などの個人情報をある程度理解している“身内”から選んだ方が、無理な要求をされない。それほど見えも張らずに済みます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る