高級車で送迎も 「ラブホテル」のサービスはここまで進化した

公開日:  更新日:

「最近、“女子会でラブホ”という女性が増えています。私なら、“ひとりラブホ”もいい。シティーホテルに泊まるより、はるかに“ご褒美感”があるからです」

 こう言うのは、ラブホテルの業界紙などを扱う「テイダン」編集部の青木由香氏。どんな変化を遂げているのか――。

 まず、劇的に“進化”したのが料理だ。地産地消を掲げ、新鮮な野菜や魚、肉をシェフが調理し、提供するラブホが増えている。有名なのは、部屋から江の島を眺めることができる湘南のホテル「ノア・リゾート」。「湘南地シラス丼」(580円)が人気で、シラス漁が始まる3月中旬になると、これを目指して訪れる常連客もいるそうだ。

 格安で充実したフードメニューを揃えたホテルも増えている。

「通常、飲食店では食材の原価率を2~3割以下に抑えていますが、ラブホの場合、長く滞在してもらうのが目的なので、原価率を度外視できるのです」(青木氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る