高級車で送迎も 「ラブホテル」のサービスはここまで進化した

公開日: 更新日:

「最近、“女子会でラブホ”という女性が増えています。私なら、“ひとりラブホ”もいい。シティーホテルに泊まるより、はるかに“ご褒美感”があるからです」

 こう言うのは、ラブホテルの業界紙などを扱う「テイダン」編集部の青木由香氏。どんな変化を遂げているのか――。

 まず、劇的に“進化”したのが料理だ。地産地消を掲げ、新鮮な野菜や魚、肉をシェフが調理し、提供するラブホが増えている。有名なのは、部屋から江の島を眺めることができる湘南のホテル「ノア・リゾート」。「湘南地シラス丼」(580円)が人気で、シラス漁が始まる3月中旬になると、これを目指して訪れる常連客もいるそうだ。

 格安で充実したフードメニューを揃えたホテルも増えている。

「通常、飲食店では食材の原価率を2~3割以下に抑えていますが、ラブホの場合、長く滞在してもらうのが目的なので、原価率を度外視できるのです」(青木氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る