• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高級車で送迎も 「ラブホテル」のサービスはここまで進化した

「最近、“女子会でラブホ”という女性が増えています。私なら、“ひとりラブホ”もいい。シティーホテルに泊まるより、はるかに“ご褒美感”があるからです」

 こう言うのは、ラブホテルの業界紙などを扱う「テイダン」編集部の青木由香氏。どんな変化を遂げているのか――。

 まず、劇的に“進化”したのが料理だ。地産地消を掲げ、新鮮な野菜や魚、肉をシェフが調理し、提供するラブホが増えている。有名なのは、部屋から江の島を眺めることができる湘南のホテル「ノア・リゾート」。「湘南地シラス丼」(580円)が人気で、シラス漁が始まる3月中旬になると、これを目指して訪れる常連客もいるそうだ。

 格安で充実したフードメニューを揃えたホテルも増えている。

「通常、飲食店では食材の原価率を2~3割以下に抑えていますが、ラブホの場合、長く滞在してもらうのが目的なので、原価率を度外視できるのです」(青木氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る